2006年05月05日

でいあふたーとぅもろお

 ……を見た。

 すげー。噂で聞いてた以上に破壊力あるー。

 なにより、物語として成立してねー。

 ハリウッドもここまで来たかー。

 あらをね、書き連ねるのは簡単なんだけど、なんか知ったか厨っぽいからしませんよ。

 でも、その直後に見た子供向けアニメである「ドラえもんのび太の日本誕生」の中の台詞で、

ド「七万年前というと……第四紀後期更新世のビュルム氷期のまっただ中だっ」
の「氷期?」
ドかス「大きな氷床が出来て地球が寒くなっていたんだよ」

 とか、まだ氷期が始まったばかりだから、寒いけど、植生はそんなに変わってない背景+海退が起こったばかりっぽい背景とか、クラヤミ族がネアンデルタール人で、ヒカリ族がクロマニヨン人風に描かれていて、別種の人類が共存していた、という公開当時には相当新しい学説を支持していたり、と、無駄に正確な考証をしているのを考えると、僕が"Day after 〜" の製作陣の脳みそを疑ってしまうのもしようがない気がします。

 結論。
 「ドラえもん(あくまでF 先生が関わっている時代の)」と「まんがサイエンス」は人類の必修科目である。
posted by yulico at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック